2015年08月26日

巷に溢れる一般の健康食品

826一般的な健康食品.jpg
おはようございます。
今日の話題は「巷に溢れる一般の健康食品」という内容です。

巷に溢れる数多くの健康食品・・・実は、あなたでも簡単に作ることができるのをご存知でしょうか?
あなたが気にいっている健康食品が手元にあって、もし「これと同じものを作ってみたいな」と思ったら、あなたは健康食品を作ってくれるメーカーさんに、大量の資金とともにそれを持ち込んで、「この健康食品を作っていただけませんか?」とお願いするだけでいいのです。メーカーは、その健康食品を裏返し、ラベルに記載された原材料表をチェックします。その上で・・・「はい。作れます」と言う答えが返ってくるはずです。
なぜなら、メーカーは、その原材料表に記載されている原料を販売している原料商社や、原料を作っている原料メーカーなどから原料を購入し、それらを組み合わせて、カプセルや錠剤、ドリンク等に仕上げていくだけだから、そのような答えになるのです。
ですから、どんなにラベルがユニークでも、どんなにブランド力があっても、どんなに謳い文句が魅力的でも、その大元となる原料は同じ、誰にでも作れるものなのです。
さらに言えば、そのような原料は、ほとんどの場合が、成分=物質です。それらの成分が単一なのか、寄せ集めで作ってあるのかの違いだけで、その他はほとんど同じと言うのが、今、巷に溢れている健康食品の正体と言うわけです。さて、一般的な健康食品の原料の正体が、成分=物質と言うレベルでは、巷に溢れる「薬」と同じです。
あれ?・・・健康食品って、その名の通り「食」ではなかったの?と思われた方は、いわゆる「食」に対する認識が間違っているのです。
(若山祥夫博士著「本物の健康食品の見分け方」食の未来研究所)

あえて「本物健康食品」と言っているウィルサーチ商品です。その違いを感じて欲しいので、是非、お問合せ、ご相談下さい。⇒http://www.pure-healthy.com/
フリーダイヤル0120-296-722
メールでのお問い合わせは下記のアドレスからお願いします。
https://www.secure-cloud.jp/sf/1391560600LsXZelAN

PR:若返りの救世主!ウィルピュア
pure00.jpg


posted by sumire at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の未来研究所

2015年08月25日

健康食品とはどんなものか?

825本物の健康食品とは?.jpg
おはようございます。
今日の話題は「健康食品とはどんなものか?」という内容です。

健康食品の基本概念は、人の健康の保持増進に役立つもの、とされています。
さらには、その機能が宣伝され販売・利用されていることで、いわゆる一般食品とは区別されていますが、食の中の一分類であることには変わりありません。
ですから、健康食品が本来「役立つ」べきところは、その名の通り健康ということですが、最近では美容やダイエットに「役立つ」という触れ込みが増えその裾野も広がってきています。
また、健康食品には、その時々でブームがあります。
健康食品は、その取り扱いが簡単なために、多くの販売者が存在するとともに、多くの製造メーカーも存在しています。さらには、健康食品の素となる、原料を作る原料メーカーや原料を取り扱う原料商社も存在しています。
ここで注目したいのは、健康食品の素は原料なのですから、原料メーカーが思うに新しい原料を出すと、その働きかけによって、大方のブームが作られているということです。そして、販売者はそれに乗っていってに販売し、乗り損なった販売者は、次の原料メーカーからの新しい原料の売り込みを待つ・・と言うのが、一般的な健康食品ブームの流れとなっているのです。
(若山祥夫博士著「本物の健康食品の見分け方」食の未来研究所)

あえて「本物健康食品」と言っているウィルサーチ商品です。その違いを感じて欲しいので、是非、お問合せ、ご相談下さい。⇒http://www.pure-healthy.com/
フリーダイヤル0120-296-722
メールでのお問い合わせは下記のアドレスからお願いします。
https://www.secure-cloud.jp/sf/1391560600LsXZelAN

PR:若返りの救世主!ウィルピュア
pure00.jpg

posted by sumire at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の未来研究所

2009年06月29日

食の未来研究所講演会

大妻女子大学大森正司教授
食の未来研究所:若山祥夫理事長
講演会会場の雰囲気
大森先生と記念撮影
食の未来研究所の講演会が福島県東白川郡矢祭町で行われました。

今回は大妻女子大学の大森正司教授が
「食と健康 食育・茶育」と題してお話になりました。

大森教授のプロフィール
日本茶インストラクター協会副理事長。
東京農業大学大学院農芸化学専攻博士課程修了。
大妻女子大学教授。
お茶博士として知られ、マスコミ等でも広く活躍。

一日5快!を心がけ、健康で長生き(死ぬまで元気)するための食べ方、生き方のお話でした。

1、快食 30品目の素材と和食

2、快眠 1日7時間以上の睡眠

3、快便 毎日すっきり、身体も軽く

4、快汗 冬でも汗ばむ ラジオ体操

5、快感 大きな口をあけて笑う

大森先生がよく言われることは
生まれて最初にすることはおっぱいを吸う(食べる)こと。
死ぬとき止めるのは食べること。
人間生まれてから死ぬまで、食べることがついて回ります。

この食べることをしっかり考えることで健康な人生を送ることに繋がるということです。



Reference
ヒアルロン酸・サプリ  漫画制作  インジュブ/インジュヴ
posted by sumire at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の未来研究所

2009年06月05日

史上初!玄米シャリの寿司を語る


食の未来研究所の第2回グルメツアーで史上初の玄米シャリのお寿司を頂きました。
寿司なら本の大将が玄米シャリについて語って下さいました。
ウィルサーチのサプリメントの原料を作る技術であるウィルセル化がこの玄米シャリを実現しました。
ウィルサーチのサプリメントが他にないものだということをこの玄米シャリからも感じて頂ければと思います。

参考:若山博士と寿司なら本


Reference
ヒアルロン酸・サプリ  漫画制作  インジュブ/インジュヴ
posted by sumire at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の未来研究所

2009年06月04日

世界で初めての玄米シャリ寿司

若山博士の主催する「食の未来研究所」の第2回グルメツアーが銀座の寿司なら本で行われました。
今回の目玉は、ウィルセル化糠の開発によって、実現した史上初の玄米すしシャリです。

シャリの白米は、「うぃるまい」
厚焼き卵の卵は「ウィルエッグ」
前菜の煮物などのベースになる出汁を取るのは「矢祭の水」
純米酒は「夢の結祥」・・・
いずれもウィルサーチ農場からのものなんです。
これもウィルサーチの技術力なんです。
なら本の大将
史上初玄米シャリ
お刺身最高です!
玄米シャリのお寿司
ウィルエッグで作った厚焼きたまご
ウィル米の玄米シャリとウィルエッグの玉子掛けご飯

Reference
ヒアルロン酸・サプリ  漫画制作  インジュブ/インジュヴ
posted by sumire at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の未来研究所